鼻の黒ずみケアの仕方について

毛穴の黒ずみケアの仕方は分かっているようで分からないのが本音かと思います。

効果的な毛穴ケアはあるのでしょうか?

まず、標準とされる28日をかけた肌の新陳代謝(ターンオーバー)を実現しましょう。毛穴の黒ずみや角栓に悩むお肌はターンオーバーが速くなっているので、肌細胞に育つ時間的ゆとりを与えることが大事なのです。

毛穴、角栓の、日常行うべきケアを再確認してみましょう。
.


洗顔

まず、角質を剥がれやすくするクレンジング料や洗顔料を選ばないようにしましょう。

洗浄剤には、洗浄剤である界面活性剤がお肌のセラミド等の細胞間脂質にピッタリとくっついた状態でお肌に残り、脂質を分解、角質を剥がれやすくします。

このような洗浄剤を使用していると、少しずつ角質が剥がれやすくなり、気づかないうちにターンオーバーが早くなっていきます。

洗顔のすすぎはしっかりとして界面活性剤がお肌に残らないようにしましょう。

保湿・乾燥保護のケア

毛穴の目立つお肌は、ターンオーバーが早くなり、バリア機能も低下しがちなので皮脂が過剰分泌します。未熟な角質層ゆえ、環境の変化、温度や乾燥に左右され皮脂分泌を促進してしまいます。保湿・乾燥保護のケアを避ける人も居ますが、適切なケア対策がされると、皮脂の過剰分泌は徐々におさまってきます。

ところが、皮脂機能が正常に戻ることはないので、ケアを充実させると最初はべたつき気味に感じるかもしれません。

例えばエアコンで乾燥した空間に居るのに、乳液やクリームによる保護がなされていないと、お肌は必死で皮脂を分泌してお肌を潤そうとします。しかしエアコンの効いた部屋は乾燥した空間ですから、皮脂だけではとても守り切れません。ですので着実に乾燥の影響で角質層は傷み、剥がれやすさが作られていきます。

紫外線保護のケア

直射の紫外線は避ける(防止する)ようにしていても、日陰だとついつい油断して気にせず無防備な状態でいることがあります。ところが、日陰でも直射の30%程度の紫外線がお肌に影響を与えています。

毛穴が目立つ肌や角栓のできる肌は対外、バリア能が低下しているので、紫外線の刺激をより敏感に感じるようになっています。

この紫外線刺激は、ターンオーバー(新陳代謝)を早めています。かといって効果の高い紫外線吸収剤を利用した製品や、耐水機能を強化したウォータープルーフタイプの製品を使用すると、さらにターンオーバーを早める傾向があります。

これらの3点に気をつけて毛穴のケアをしましょう。

ひまわり証券でFXを